千葉で直葬に対応できる葬儀場はある?

葬儀にはさまざまな種類があり、最近では1日葬や火葬式・直葬式といったものへの需要も増えてきました。

千葉で行った私の叔母の葬儀場をご紹介します。

■直葬式・火葬式の意味と内容。

直葬式・火葬式は、地域や葬儀社によって呼び方が変わりようですが、種類・内容としては同じものです。

病院などから直接火葬場に送られるもので、ご遺体の一定時間のご安置はありますが、おそらく1時間程度です。

その間に遺族の方とのお別れをすることになります。

葬儀費用が安く短時間で済むことがメリットです。

■直葬式や火葬式の需要が増える背景。

高齢化が加速し、独居の高齢者の方々の死亡率が増えていることに最大の理由があります。

連絡を取り合う親戚筋や地縁関係がなくなり、独居のまま亡くなった方はおおむねこの直葬式で弔われます。

1日葬は通夜のない葬儀のことですが、直葬はさらに短い形式の葬儀です。

■私の場合は「千葉みなとセレモニールーム」での葬儀を行いました。

ほとんどの葬儀場で取り扱っています。

私の叔母が亡くなった際には、千葉県千葉市美浜区新港にある「千葉みなとセレモニールーム」というところで執り行いました。

JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと駅」で下車して徒歩15分のところにあります。

叔母は独居生活で、地域社会の人々と特別なつながりもなく、長期の入院の末に亡くなったため直葬にしました。

直葬・1日葬、家族葬は、どこの葬儀社でも扱っています。